So-net無料ブログ作成

県内移設反対で大規模集会=初の超党派開催、一丸で「ノー」−普天間問題・沖縄(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対し、県外・国外移設を求める大規模な県民大会が25日午後、同県読谷村の運動広場で開かれた。移設問題をめぐる大会では初の超党派による開催で、現行移設案を条件付きで容認していた仲井真弘多知事のほか、代理を含め県内全41市町村長が出席した。
 政府はキャンプ・シュワブ(同県名護市)と鹿児島・徳之島への分散移転を検討しているが、地元が一丸となって反対を表明したことで、鳩山由紀夫首相が目指す5月末までの問題決着は、絶望的な状況がさらに強まった。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜普天間問題の背後にあるもの〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

燃料ホースからの漏れ原因=ベトナム航空エンジン出火−運輸安全委(時事通信)
午後に離党届提出=自民・舛添氏(時事通信)
<民主党>予算圧縮進まず 参院選マニフェストで中間報告(毎日新聞)
「心神耗弱」争わず=中大教授殺害で検察側−東京地裁(時事通信)
万引、自転車盗…小さな違反や犯罪を積極指導 規範向上狙い警察庁(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。