So-net無料ブログ作成
検索選択

公務員の希望退職検討=仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は20日、国家公務員制度改革に関し「民間(企業)でいう希望退職のような制度をつくる必要があるかもしれない」と述べた。公務員の人件費削減や人事停滞を防ぐ狙いとみられる。
 仙谷氏は「公務員制度改革を考えるとき、民間がどうなりつつあるのか、そこが一番の前提にならなければいけない」として、民間企業を参考に新たな制度を検討する考えを示した。視察先の香川県直島町から岡山県玉野市に向かうフェリーの上で記者団に語った。 

【関連ニュース
NPOへの出向活用へ=国家公務員の退職管理
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止
スト権付与も検討=国家公務員の労働基本権
国家公務員、採用4割減に=早期勧奨退職廃止で
統計業務の半減を提言へ=渡辺総務副大臣

鳩山首相と関係閣僚、夜に協議=普天間移設、政府案で詰め(時事通信)
風で足場倒れ電柱直撃、200世帯が停電…京都(読売新聞)
可視化法案見送り 今国会 参院選後に時期協議(産経新聞)
診療所の再診料、年27万円減少―2点引き下げで保団連(医療介護CBニュース)
市長もニコニコ「日光仮面」着ぐるみ完成(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。